橘処理センター建設工事

橘処理センター|安心・安全・高効率。省エネルギー・創エネルギー。

工事概要

工事概要・設計コンセプト

施設整備に当たっての基本方針

(1)ごみを安定的に処理出来る施設とする。
(2)安全・安心な施設とする。
(3)環境に配慮した施設とする。
(4)ごみの持つエネルギーを有効に活用し、より高効率なエネルギー回収設備を導入する。

(5)省エネルギー、創エネルギー等の技術を有効に活用し、経済性に配慮した施設とする。

(6)災害発生後、速やかに廃棄物処理が可能な施設とする。

「橘処理センター整備事業に係る地域住民と行政による検討協議会」にて、

地域住民の方々に御協力いただき、基本方針、整備計画等の事項について、

検討、協議を行いながら整備事業を進めています。

 

 

計画施設概要

ごみ焼却処理施設
項 目 計 画
処理能力 600 t/日 (200t/日×3炉)
処理方式 焼却方式(ストーカ式)
煙突高さ 100 m
エネルギー回収率 21.5 %以上

ミックスペーパー資源化処理施設
項 目 計 画
処理能力 45 t/日 (22.5t/日×2ライン)
処理方式 手選別、圧縮梱包方式


完成イメージパース

橘処理センター西側

橘処理センター東側


橘処理センター南側

橘処理センター北側


発注者:川崎市

発注者

設計・施工(プラント工事):三菱重工環境・化学エンジニアリング

設計・施工(プラント工事)

設計・施工:大成建設株式会社

設計・施工(建築工事)


ページトップ

©2019 三菱・大成建設共同企業 橘処理センター建設工事事務所. All rights reserved.